脂肪肝を改善する方法



スポンサードリンク


脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が蓄積した状態のことを言います。

一般的な原因として、過栄養性の脂肪の摂取やアルコール(お酒)、薬剤などです。

脂肪の重さが10%を超えた状態が脂肪肝です。

脂肪肝は、一般的に身体の外側からでは何の症状も見られません。

肝臓の脂肪が炎症を起こして、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)になることもあるので日頃から肝臓の状態が気になる方は、注意が必要です。

アルコールとの関連性が低い脂肪肝は深刻な肝臓病にはつながらないと楽観視されていましたが、最近の調査では、脂肪肝やNASHも肝硬変につながることが分かってきました。







アルコールに強く関連しているものは、アルコール性肝炎と呼ばれます。

アルコール性肝炎は、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と同様に肝臓に強いダメージを与えます。

この状態が続いてしまうと、肝臓が破壊される肝硬変になるケースがあります。





<脂肪肝 症状>

脂肪肝は自覚症状がほとんどない場合が多いです。

症状としても「少し疲れやすい」、「お腹が重く感じる」、あるいは、「吐き気がする」など比較的自分自身で分かりにくいものですよね?

血液検査では肝臓の異常の発見が難しく、人間ドッグなどに入って精密検査で判明するケースがよく見かけられます。

30代〜60代くらいの男性に多い傾向があります。

一方、女性の方も注意が必要なので気をつけてくださいね^^

肥満型の人やお酒好きの人が脂肪肝とは限りません。

女性の場合、無理なダイエット・リバウンドを何度か繰り返す結果、知らない間に肝臓に負担がたくさんかかります。

ダイエットする方に多いのは、間違った食事制限をするケースです。

その結果、栄養バランスが乱れてしまい、最悪の場合には脂肪肝になる恐れも考えられます。

原因に日常生活の疲労が挙げられます。

日ごろの働きすぎからくる疲労が原因で肝臓の働きが低下してしまい、脂肪肝にかかりやすくなるというデータ報告があります。

肝臓はとても重要な機能の一つなので、肝臓が普段から元気でないと、体調不良になりやすいです。

脂肪肝で気をつけなければいけないのは、様々な合併症を引き起こす恐れがあることです。

万が一、担当医師に脂肪肝と診断された場合は、肝炎の検査も同時に実施してください。

症状が悪化してしまうと、肝硬変になる事も多々あるためです。

脂肪肝は初期の段階で食事療法運動療法をしっかり実施することで改善することができる症状です。

日頃の生活をもう一度イチから見直して、現在の状態から健康な身体に改善していきましょう!



中性脂肪を食い止めろ!


今なら15日間全額返金保証がついてます!



しっかりと脂肪肝の改善する方法を実践して健康な身体を取り戻し、豊かなライフスタイルを実現してくださいね!


 



スポンサードリンク